表彰

日本熱電学会では、熱電工学、熱電科学、及び熱電技術、並びに関連分野における発明、発見、研究と開発、並びに本会の発展に顕著な功績があったと認められる本会会員に対して、その功績を讃え表彰を行っています。

第18回 日本熱電学会学術講演会 優秀講演賞・優秀ポスター賞の受賞者紹介

第18回 日本熱電学会学術講演会(2021年8月23日~25日、オンライン)において、熱電科学、工学と技術の発展に貢献しうる優秀な講演論文およびポスター論文を発表した、以下の6名(優秀講演賞:4件、優秀ポスター賞:3件)に表彰状を授与しました。

優秀講演賞
・池田 寛 氏(東京工業大学)
 講演題目:発電密度10 W/m2超のレドックスフロー熱電発電の開発

・石部 貴史 氏(大阪大学)
 講演題目:ドメイン制御による透明SnO2薄膜の熱電性能向上

・今里 和樹 氏(産業技術総合研究所)
 講演題目:The Effect of Electrically-Resistive Grain Boundary on Thermoelectric Properties

・奥 友洋 氏(大阪府立大学)
 講演題目:GeTe-rich GeTe-Sb2Te3熱電材料におけるバンド端縮退と室温域での高出力因子

優秀ポスター賞
・今里 和樹 氏(産業技術総合研究所)
 講演題目:Zn添加によるBi2Te3の熱電性能の向上

・千葉 知志 氏(東海大学)
 講演題目:熱源に依存しない水に浮かぶCNT熱電発電デバイスの高出力化

・李 恒 氏(東京工業大学)
 講演題目:異種光熱電材料直列結合型フレキシブル広帯域カメラフィルム

(五十音順)

日本熱電学会 2021年 学術賞、技術功績賞および進歩賞の受賞者紹介

日本熱電学会 2021年学術賞、技術功績賞および進歩賞の受賞者は下記の方々です。各受賞者の詳しい紹介は、学会誌(Vol.18 No.1)に掲載されます。

 学術賞:パナソニック株式会社 主幹研究員 菅野 勉 氏 「材料異方性と熱流制御を駆使した新たな熱電デバイス創製への研究」
 学術賞:東京大学 教授 塩見 淳一郎 氏 「フォノンエンジニアリングによる熱電変換材料の熱伝導制御」
 技術功績賞:株式会社アイシン 「長年に亘る高い信頼性を有する冷却用モジュールの提供と新材料を用いた発電用モジュールへの取り組み」
 進歩賞:産業技術総合研究所 主任研究員 JOOD Priyanka 氏 「ナノ構造化による熱電材料の高効率化に関する先駆的研究」

第14回(2021年)日本熱電学会優秀論文賞の受賞者紹介

日本熱電学会欧文論文賞は、下記の論文に対して授与されました。
鈴木 亮輔, 「水冷式冷蔵庫における熱電発電」, 日本熱電学会誌 第16巻第3号, 131-138 (2020).

過去の受賞者一覧

名誉会員

学会賞

功績賞

学術賞

技術功績賞

功労賞

進歩賞

※ 所属機関・役職は受賞当時のものです。

優秀論文賞(第11回までは欧文論文賞)

講演奨励賞