表彰

日本熱電学会では、熱電工学、熱電科学、及び熱電技術、並びに関連分野における発明、発見、研究と開発、並びに本会の発展に顕著な功績があったと認められる本会会員に対して、その功績を讃え表彰を行っています。

第15回 日本熱電学会学術講演会 優秀講演賞・優秀ポスター賞の受賞者紹介

第15回 日本熱電学会学術講演会(平成30年9月13日〜15日、東北大学 青葉山キャンパス)において、熱電科学、工学と技術の発展に貢献しうる優秀な講演論文およびポスター論文を発表した、以下の9名(優秀講演賞:5名、優秀ポスター賞:4名)に表彰状を授与しました。

優秀講演賞
・梅田 鉄馬 氏(奈良先端科学技術大)
 講演題目:透明半導体を用いた薄膜熱電変換素子

・大塚 美緒子 氏(埼玉大学)
 講演題目:IS法に基づいた熱電変換モジュールの無次元性能指数決定方法

・後藤 陽介 氏(首都大学東京)
 講演題目:新規層状アンチモンカルコゲナイドの合成と熱電特性

・西出 聡悟 氏(株式会社日立製作所)
 講演題目:N型フルホイスラ合金Fe2TiSiバルクの熱電変換特性

・平田 圭佑 氏(豊田工業大学)
 講演題目:Ag2Ch(Ch = S, Se, Te)の相変態過程における熱電物性の挙動

優秀ポスター賞
・一ノ瀬 遥太 氏(首都大学東京)
 講演題目:電気二重層キャリア注入法を用いた高純度単層カーボンナノチューブの熱電物性制御

・鈴木 絢子 氏(島根大学)
 講演題目:p型Bi2Te3系材料の組織制御による熱電特性の変化

・飛田 一樹 氏(東京大学)
 講演題目:正方晶FeAl2の熱的安定性と熱電物性

・平野 達也 氏(九州大学)
 講演題目:アージャイロダイト型化合物Cu8SiS6の結晶構造と熱電物性に対する元素置換効果

(五十音順)


日本熱電学会 2018年 学会賞、学術賞、技術功績賞、功労賞および進歩賞の受賞者紹介

日本熱電学会2018年 学会賞、学術賞、技術功績賞、功労賞および進歩賞の受賞者は、下記の方々です。各受賞者の詳しい紹介は、学会誌(Vol.15 No.1)に掲載されます。

 学術賞:   九州大学 教授          大瀧 倫卓 氏
 学術賞:   大阪大学 准教授         黒﨑 健 氏
 学術賞:   東北大学 教授          宮﨑 讓 氏
 技術功績賞: アドバンス理工株式会社
 技術功績賞: ヤマハ株式会社 熱電開発部部長  堀尾 裕磨 氏
 功労賞:   東京工業大学 教授        吉野 淳二 氏
 進歩賞:   九州大学 准教授         末國 晃一郎 氏

 学会賞:該当者無し

過去の受賞者一覧

名誉会員

学会賞

功績賞

学術賞

技術功績賞

功労賞

進歩賞

欧文論文賞

講演奨励賞