Chairman

会長就任のご挨拶

河本 邦仁(豊田理化学研究所)

これまで3期6年間梶川会長のもとで副会長を務めて参りましたが、本年度より会長を務めさせていただくことになりました。これから2年間、梶川先生の跡を継いで学会が拡大発展していくよう微力を尽くして参りたいと存じます。

熱電を取り巻く社会状況は依然として厳しいものがあります。グローバル規模で起こる大きな社会変動の中で遠い未来を視野に入れた地球の行方を思う立場に立てば、自ずと熱電の重要性が認識されるのですが、我々会員はそう思っていても、世の中の多くの人はそう思ってくれないのが現状です。しかし、一方では熱電の将来に大きな期待が寄せられていることも確かです。熱電理工学が人類にとって本当に必要な学問・技術だと我々が信じるのであれば、学問の進化(深化)とともに社会に役立つ技術へ止揚する努力を今後も続けて行かなければなりません。

熱電の分野では、先進諸国は戦略的に研究費を投入して新産業創出・人材育成に取り組んでいますが、日本は盛り上がりに欠けていて大型投資が停滞しています。今後は、熱電学会が核になって産官学が結集・連携し、さらに国際的なネットワークの中で戦略的な熱電研究開発を進めて行かなければなりません。

こうした思いの中で、今後の学会運営における3つの基本方針を掲げさせていただくことに致しました。

1.学術研究レベルの向上

ゼーベック、ペルチエ効果が19世紀前半に発見されてから200年が経とうとしています。発見から100年以上経た後、第2次世界大戦後にようやく提案されたビスマステルルが冷却用に細々と使われ続けてきました。1990年代に入ってから、Dresselhausの低次元ナノ構造の提案とSlackのPGECの考え方の提案を契機に新材料の開発競争がはじまり、21世紀になって“ナノ構造工学”(Nanostructure Engineering)による膨大な数の新物質・材料が創製されてきました。また、従来理論の範疇にない新たな現象や効果の発見・提案もなされてきていますし、有機熱電材料や無機/有機ハイブリッドなど新しい材料系の提案も相次いでいます。こうした歴史の流れの中で、特に最近20年間は米国が材料研究を牽引してきたといっても過言ではありません。日本、中国、EUもそれなりに頑張ってはいますが、正直なところ先導するレベルには達していません。しかし、米国がリードしてきたにもかかわらず、真の意味で役に立つ材料や技術が開発されてきたかというと、そうではありません。その理由は、米国の研究開発の理念や方向性に問題があったからと、私は見ています。日本がこれから世界の熱電研究を牽引して社会に役立つ熱電変換技術を創出していくためには、日本独自の研究開発理念をベースに、学術研究レベルを今以上に高めていく必要があると考えます。そのために学会は、学会誌、学術論文誌の見直しと改革、学術講演会・研究会等の充実を図っていく必要があると考えています。また、表彰制度の見直しも行って、良い研究、良い仕事をすればきちっと評価して表彰されるようにすることで、色々な階層の人がエンカレッジされる仕組みにしていきたいと思っています。

2.熱電変換技術の産業化促進

熱電に対する社会の認知度が低い理由の一つに、身の回りに親しみを感じる応用例がないことが挙げられます。コストや適用温度範囲等に問題のある高ZT材料を使うことを前提にしたデバイスやシステムのアイデアを考えるのには限界があります。そのため応用範囲も限られたものになってしまい、我々の目に触れる応用が出てこないのでしょう。しかし、固定観念を捨てて、ZTは多少低くても、問題のない元素を組み合わせて低コストで作れる材料を適用することを考えれば、いろいろなアイデアが生まれ、将来の広範な用途開発に繋がり新産業化を促すだろうと期待されます。学会として産業化促進をサポートする一つの取り組みとして、新しい熱電応用のアイデアを若い人たちから募る「熱電応用アイデアコンペ」の企画を考えております。その他、実用化・産業化を促すための企画アイデアを広く募集し実行に移していきたいと思っています。

3.国際連携の推進

国際的な研究発表の場として主なものにICT, ECTがありますが、ここ10年の間に中国、韓国が力を付けてきているアジアに国際的研究発表の場がありません。欧米だけでなくアジア地区にも連携ネットワークを作るため、日中韓が協力してアジア熱電会議(ACT)を立ち上げる予定です。また、将来を見越して、熱電関係の評価解析技術、材料作製技術等に関する標準化を進めるための国際連携も強化したいと思っています。

以上、3つの方針にしたがって会員諸氏の研究活動を側面から支えながら、熱電理工学の進歩発展に貢献するための学会運営を心がけたいと存じますので、皆様からも惜しみないご協力をいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。